Home > 特価情報 > iPhoneの絵文字 UnicodeとSJISのコード対応表を作ってみた

iPhoneの絵文字 UnicodeとSJISのコード対応表を作ってみた

  • Posted by: 管理人
  • 2011年6月17日 01:15
  • 特価情報

iPhoneやiPod touchで利用できる、写真共有サービスアプリケーションInstagram
ここ最近はまっていて、ほぼ自分用のWebアプリを作って遊んでますが、Webで表示する際に頭を悩ませるのは、絵文字。



絵文字は、色々と対応されている方が多い中、Rubyで絵文字とCSSファイルを作成できるスクリプトと画像をGitで紹介されている方がいましたので、利用しています。

https://github.com/technoweenie/emoji-css-builder

これで、絵文字も表示できるな!と思っていたのもつかの間、ここ最近、Instagramで、この絵文字CSSを利用できない文字があることに気がつきました。

どうやら、Unicodeで決まったらしい絵文字のUnicode pointがそのまま渡されてくるらしい。という訳で、対応する表を作ってみました。

iphone_emoji.txt
といっても、SoftBank Unicode code / SoftBank Shift-JIS code / Unicode code point or sequenceのCSVです。詳しくはファイル中に参照したサイトのアドレスがありますので、そちらを確認することをお勧めします。

最近は便利な世の中になりましたね~。昔は、こういった文字コード資料を探すのにも一苦労しました。ファイルは、特に特徴もありませんのでドンドンカスタマイズして、活用してください。特にこちらへのリンクも必要ありません。

2ヶ月ぐらい置いておこうと思います。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://iimonotokka.com/mt/mt-tb.cgi/383
Listed below are links to weblogs that reference
iPhoneの絵文字 UnicodeとSJISのコード対応表を作ってみた from いいもの特価.com

Home > 特価情報 > iPhoneの絵文字 UnicodeとSJISのコード対応表を作ってみた

Search
Feeds
ウェブページ一覧

Return to page top